会社情報
お問合せ

セキュリティのスタートは、管理すべき資産を把握することです。自動探索機能が、すべてのサイバーセキュリティ対策の重要なファーストステップです

解決策:ソフトウエアパッチが適用済みかチェックする。

システムは、ソフトウェア、パッチ、およびアンチウイルスを自動的に検出します。[ソフトウェアとセキュリティ]タブにこの情報は集約され、セキュリティに関するフィルタと分析に特化しています。
次に、特定のパッチに一致するフィルターを設定して、更新されたデバイスを確認します。特定の支社を抽出するといった用途に、追加のフィールドを作りフィルタするを設定ができます。

解決策:ネットワーク上で実行されている不要なソフトウェアを見落としていないか探します

システムは違反のライブリストを作成します。

解決策:自動検索の逐次実行で新しいデバイスを表示する

Codima Toolboxは、名前付きネットワークの順を追って検出を行います。これにより、比較を行って新しいものをチェックし、デバイスが無くなったかどうかを確認できます。これは、バージョン比較モードのトポロジマップに表示されます。

解決策:MACアドレスの一致をスキャンして、不正な機器と欠落している機器を特定します

Codima Toolbox Filtersを使用して、機器の製造元を識別するMACアドレスの最初の3バイトを照合できます。MACアドレス全体を照合することで、既知の置き忘れた機器を特定できます。右の画面の例は、MAC00670073945を使用してデバイスを追跡しています。

解決策:プロトコルアナライザーのようなスパイウェアを探す

ソフトウェア名Win10Pcapに一致するCodimaToolbox Filterを使用して、Win10Pcapなどのパッシブパケットキャプチャソフトウェアからの潜在的な脅威を見つけます。

解決策:Windowsセキュリティログを確認する

Windowsログをすばやく1か所で調べます。グリッド内での並べ替えとフィルタリングが可能です。