会社情報
お問合せ

様々な切り口のネットワークMapを表示

トポロジマップは、ネットワーク検出の完了後に自動的に作成されます。マップは、ブラウザに最適化されたグラフィック言語SVGで非常にすばやく描画されます。デバイスをドラッグして、接続リンクをリアルタイムでたどることができます。描画速度は、中サイズのマップの場合はミリ秒、非常に大きなマップの場合は1〜2秒です。ドラッグ編集も同様に高速です。

概要

WEBマップは、Codimaソフトウェアによってネイティブのベクターグラフィックスで描画されます。 大きなWebマップの場合は描画に数時間かかるVisioマップとは異なり、非常に高速に描画されます。 純粋なWebコンテンツであるため、プラグインを必要とせずに任意のブラウザーで表示できます。
多くのレイアウトとデバイスの選択が作成されます。

トポロジフォーマットレイヤ3マップ
ONEクリックで選択できるネットワークトポロジーのテンプレートがあります。

ネットワーク全体を数秒でスキャン

カスタムビュー

ユーザーは、ツリーコントロールからマップに表示するデバイスを選択するか、詳細なITILフィルターエンジンを使用して、独自のビューを作成することもできます。 

本製品により、しばしば大規模なネットワークを検出し、マップが非常に複雑になることがあります。 図のように、ITILまたはその他のインベントリの詳細を使用してWebマップ内のデバイスを選択し、マップ上のコンテンツをフィルタリングすることができます。

マップ検出コントロール

マップには、高度なフォーマット機能の配列があります。
マップ画像のサイズは、デバイスタイプごとの高度な自動サイズ調整システムを使用して瞬時に変更でき、電話などのマイナーアイテムを縮小し、メジャーデバイスをスケールアップできます。 たとえば、オフィスの間取り図や地理的地域など、地図の背景を追加できます。
マップは、大きなマップであっても、ブラウザで直接編集できます。 ドリルダウンとユーザーが定義したサブマップは、マスターマップからサブマップへの自動バックリンクを使用してすばやく作成できます。

高度な機能

プローブ上の画面でも、ダッシュボードの中でリアルタイムに更新されるマップ表示が可能です。 トラフィックは、リモートプローブからのものを含め、モニタリング用ライセンスがあればアニメーション化することも可能です。