製品概要
サポート
私達について
パートナーになる
アフィリエイトになる
オンライン説明会の予約

当社の現代奴隷法の対応について

範囲

Codima Group(「Codima」、「The Company」)は、奴隷制と人身売買に対してゼロトレランスを運営しています。

この声明は、英国の現代奴隷法(Modern Slavery Act 2015)に関連して作成されたものであり、今年の当社の奴隷制および人身売買に関する声明を構成しています。

当社は、サプライチェーン内のすべての人々が当社の価値観を遵守し、適切な奴隷制防止および人身売買の方針とプロセスを持っていることを期待しています。

この声明は、すべてのビジネス関係において倫理的かつ誠実に行動し、奴隷制と人身売買がサプライチェーンのどこでも行われないようにするための効果的なシステムと管理を実装および実施するという私たちのコミットメントを反映しています。

この声明は、当社のすべての従業員および管理者に適用され、当社が取引を行うすべての組織または個人に適用されます。

宣言

  • 当社は、当社の事業内または当社のサプライチェーン内のいかなる側面においても現代の奴隷制がないことを理解し、これを確実にすることを約束します。

  • 当社は世界中のさまざまな企業とビジネスを行っており、私たちが行っているビジネスの性質は現代の奴隷制に比べてリスクが低いと考えています。

具体的な対策

  • 求職者ごとに書類を入手して確認します。

  • サプライヤー監査新しいサプライヤーはそれぞれ、サインアッププロセスの一環として有効なModernSlaveryステートメントを提供する必要があります。

責任

  • 取締役会は、会社がデューデリジェンスで行動していることを確認する責任があり、サプライヤーや顧客と関わる前にリスク評価が実施されることを保証します。

  • 会社の上級管理職は、現代奴隷法に関連する既存および将来のサプライヤーのサプライチェーン検証に責任があります。

  • すべてのチームリーダー、部門長、上級管理職、および取締役会は、現代の奴隷制と会社への影響についてトレーニングを受けています。