製品概要
サポート
私達について
パートナーになる
アフィリエイトになる
オンライン説明会の予約

ネットワーク図のドキュメント化

Visio形式によるネットワーク図は、Microsoftの文書作成ソフトウエア”Visio”を使用します。 Visioは非常に柔軟な描画パッケージであり、単純または複雑なネットワーク構成図の文書化に最適です。 各 ネットワーク検出処理 毎に、Visioによるネットワーク図ファイルを作成します。 ネットワーク検出処理に使用するOSにVisioソフトウエアがインストールされている場合、ユーザーは完全なVisio編集機能を利用できます。

ネットワークを視覚化する

Codima Toolboxを使用すると、ネットワーク検出されたVisioファイルをダウンロードできるため、ITインフラストラクチャを文書化し、ネットワークを視覚化できます。 Visio Mapsは、仮想マシン、ワイヤレスアクセスポイント、IP電話の管理に使用されるデバイスなど、ネットワーク内のデバイス間に存在する関係を示します。 Codima Toolboxは、インテリジェントな方法を使用して、あらゆる状況で使用できるように接続およびトポロジ情報を取得します。 ネットワークが有線、無線、仮想、または3つすべての組み合わせであるかどうかにかかわらず、Toolboxは自動的にVisio Mapsを生成し、ネットワーク内のすべてを表示できるようにします。

手作業でネットワークマップを作成する必要はありません

Codima Toolboxを使用すると、ネットワークマップを手動で作成する必要がなくなり、Visioマップは常に最新の検出結果で更新されます。 Codima Toolboxは、Microsoft Visioがネットワークを実行しているのと同じマシンにインストールされている限り、 Network Discovery と組み合わせてVisioMapを自動的に生成します。 発見すると、Webインターフェイスにアクセスできる人なら誰でもVisioマップをダウンロードできます。

マップは自動的に更新

Codima Toolboxは、Visioのマップレイアウトアルゴリズムを使用してVisioマップ上のすべてのデバイスを自動的に整理し、すべてのネットワークデバイスを論理的な方法で配置します。 Microsoft Visioのニーズに合わせて、マップを再編成することもできます。 ToolboxのDiscoveryScheduler機能を使用すると、すべてのVisioマップが常にネットワークで最新の状態に保たれます。

ネットワークインフラストラクチャの文書化

Visio Mapsは、ネットワークインフラストラクチャを提示および文書化するための優れた方法です。 世界のどこにいても、インターネットに接続していれば、Visioマップをダウンロードして表示および編集が可能です。
VisioはWeb製品ではなくWindows製品であり、業界標準のドキュメントツールです。以下は、Codima Toolbox NetworkDiscoveryの後に作成されたVisioマップの例です。