会社情報
お問合せ

一元化されたITAM:すべての資産情報を1か所に

活用例:管理するいくつかのPCのCPUタイプの解析をしたい

最初に、搭載されたCPUの詳細を見る機能について、注目します。

本画面で、CPUタイプによる解析をみますと、すべて比較的新しいもので問題ないようです。

解決策:初期設定の要らないネットワーク状態のライブ表示

Codima Toolboxはネットワークを検出し、 Web Mapを作成します。 チェックボックスを1つチェックするだけで、監視が自動的に構成され、標準のルールセットを使用してネットワークの監視が開始されます。

このマップは、Codima Toolboxによって検出および表示された実際の障害の発生状況を示しており、ユーザーによるセットアップおよび設定作業無しで表示しています。

その後、マップはデバイスの障害をライブで表示します。ユーザー設定はまったく必要ありません。自動検出からMapモニタリングは完全に自動化しています。
これらのライブ更新されたMapは、通常、マルチプローブの場合、各プローブのダッシュボードのでもライブで実行されます。

解決策:Visioを使用してネットワークを文書化する

自動検出処理を実行するだけで、サブネット、スイッチインフラストラクチャ、ネットワークインフラストラクチャなどの複数のビューを持つVisioマップを表示できます。 Visio Maps システムは、一部の規制制度における法的要件である業界標準の地図ドキュメントを提供します。